2010年04月26日

久々に川原で遊びました。

昨日は夫とワンコ2匹と一緒に、久しぶりに川原に遊びに行きました。

春らしい、とっても爽やかないいお天気で、最高に幸せな時間を過ごすことができました。

たくさん写真を撮ったのですが、一部ご紹介いたしますね♪

〜〜〜

↓住んでいるの住宅街の八重桜の並木です。毎年とても美しいです。前方に知らない方が写ってしまいました。

桜並木小.jpg


↓接写で撮ってみました。ピンクのグラデーションが、本当にキレイ!

八重桜アップ小.jpg


↓川原に着きました。2匹とも泳ぐの大好き、ボール大好きです。

空泳ぐ小.jpg


↓アーニーはガシガシ泳ぎ、空(そら)はユラユラ泳ぎます。

アニ泳ぐ小.jpg


↓子牛のように草を食べるアーニー(笑)

2ひき草原小.jpg


↓誰もいない原っぱでたくさん走り回って遊んで、疲れて休憩です。

空アニ原っぱ小.jpg


↓私と空です。最後に川沿いの小道をお散歩しました。とても気持ちが良かったです。

川原散歩小.jpg


ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 14:48| Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

アーニーとお花見♪

アーニーを連れて、お花見に行ってきました!
今年の8月でアーニーは5歳になります。
体つきも随分がっしりとしてきて、すっかり大人のロットです。

花見1.jpg

花見2.jpg

花見3.jpg

花見4.jpg

小ひでみアーニー桜3.jpg

小ひでみアーニー桜2.jpg

アニ横小.jpg

アニ前小.jpg
ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 19:29| Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

アーニー今年8月12日に4歳になりました♪

なんと、2年ぶりです!!!

アーニーは今年の8月で4歳になりました。

相変わらず、やんちゃでボールが大好きで甘えん坊な元気いっぱいの男の子です。

先日、よもや胃捻転では?ということがあり、一晩中寝ずにそばで寄り添っていましたが、胃捻転ではなかったようでホッといたしました。

胃捻転関連の時期は、また改めて書こうと思っています。

八ヶ岳22.jpg

DSCF0152.JPG

DSCF0187.JPG
ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 22:27| Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

アーニー、2歳になりました☆

アーニー、先日の8月12日に2歳になりました!

お陰様でこれまでのところ、花丸の健康優良児で病気、怪我ともに全く無くこの2年間過ごすことが出来ました手(チョキ)

2歳になったらもうちょっと、大人のオス犬、、、って感じになるのかなぁ〜、と思っていたのですが、全然まだまだですね〜。
相変わらずの、甘えん坊のやんちゃ坊主です。

去年の夏は食欲がガックリと落ちてしまっていましたが、今年はこの猛暑にも関わらず、食欲モリモリ、元気いっぱいです犬(笑)

それでは今日撮った写真をご覧下さい〜ホネ


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*


○ア「あっ!ママだ、ママが来たっっっ揺れるハート
軒下1.jpg


○ア「えぇ〜、写真撮るからこっから出なきゃダメなのぉ〜。暑いしなぁ〜。ふぇ〜〜。」
軒下2.jpg


○ア「僕でてきたよぉ〜犬(足)。はいはい、お座りね〜。」
座って.jpg


○ア「なになに。次は立ってって〜?」
立って2.jpg


○ア「僕、アウィ父さんやデクちゃんみたいに、かっこいい立ち方はできないけど、いいのぉ〜〜?」
立って.jpg


○ア「ふぅ〜、やっぱりここだね。ここは暑い日でも、涼しいんだぁ〜。」
軒下前.jpg


○ア「横顔も撮りたいの〜?まったくもうママったら暑い中這いつくばっちゃってさぁ〜。」
軒下横.jpg


○ア「もう暑いし、いい加減にしてよぉ〜。」
軒下後ろ.jpg


○ア「エヘッ。ボールで遊んでくれるんだったら、撮ってもいいよぉ〜。」
軒下最後.jpg






ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 18:21 | TrackBack(0) | Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

アーニー、1歳半!

かなり久々の更新ですが、アーニー、2月12日で1歳半になります。
ってことで、久々に庭で写真を撮りました!

最近のアーニーですが、性格は以前とほとんど変わっていないです。
やんちゃで活発、なんでも真っ直ぐ一直線で一生懸命、とてもSubmissiveで従順、素直、先住の空ちんは花子に対しては、常に弟としての態度を崩しません。
反抗期というものは、まだきていません。
ロットのような大型犬は3歳ぐらいで心身ともに成犬になるとのことなので、これからまだ反抗期が来るのかもしれませんが、今のところ、自我の強さとか頑固さというものは、全く感じられないアーニーです。

最近体重は測っていませんが、多分43〜4kgぐらいだと思います。

では、1歳半のアーニーをご覧下さい!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

○あはっ、なんか楽しいなぁ〜〜♪
左横顔アップDSCF0081.jpg


○どう、ボクちょっとは大人の男って感じになったかな?
左向き正面DSCF0085.jpg


○やっぱりまだまだガキンチョっぽいかなぁ〜〜?
全身左向DSCF0084.jpg


○サイドショット。空ちんの顔が隠れちゃってる。
立止DSCF0097.jpg


○グエッ。お父さんにリードつけられた。
SitLeashDSCF0098.jpg


○バックショット。まだ○マ○マあるよ!
バックショットDSCF0102.jpg


○あ、なんか飛んでる。UFOかな??
空すのこDSCF0094.jpg


○私もちょっと賢そう?でもほんとは訓練嫌いなの。アーニーにすっかり抜かされちゃってるの。
空横DSCF0103.jpg


○いい枝み〜〜〜〜っけ!!
空アニ立木DSCF0106.jpg


○2匹で並んで、仲良くガジガジガジ。
木2匹DSCF0112.jpg


○空「あふぅ〜〜っ。なんかもう、ガジガジ飽きてきちゃった。」
空あくびDSCF0134.jpg


○アニ「え、空ねぇ、飽きちゃったって、今始めたばっかじゃん。モグモグ。この枝美味しいのに。ングング、モグモグ。。。」
アニもぐDSCF0126.jpg


○空「いつまでも枝なんてガジガジしてるようじゃ、まだまだガキよね、ガ〜キッ。」
空アップDSCF0136.jpg


○アニ「空ねぇはなんでもすぐに飽きっぽ過ぎるんだよぉ〜。ボクなんてほら、まだガジガジガジ。」
アニ木DSCF0119.jpg


○空「なにアンタまだガジガジやってんのぉ〜〜?私は枝だけキープよぉ〜。さり気な〜く組んだ腕の下に置いてるの。これは私のだからね〜。」
2匹伏せ木DSCF0142.jpg


○アニ「う〜ん。女心となんとやら。空ねぇの気持ちは微妙だなぁ〜。」
アニロットDSCF0145.jpg



※オマケ(たまたま同じディスクに入っていた写真を、ついでにUPします)


○去年の7月に撮ったもの。もう暑いなぁ〜。日陰で並んで涼んでいるところ。
空花去年夏DSCF0047.jpg


○空ちんの優しさが良くあらわれている一枚。
空去年夏DSCF0076.jpg


○花子、ウトウト、トロトロォ〜〜。
花子去年夏DSCF0048.jpg


○これは、アーニーが6ヵ月半ぐらいの時に撮ったもの。
アニ7ヶ月前座DSCF0025.jpg


○子犬にしては大人びた表情してるなぁ〜。
アニ7真横DSCF0011.jpg


○でも、こんな顔してやんちゃ坊主なんだよぉ。この頃も今も、まだまだやんちゃだよぉ!!
アニ7ナナメDSCF0014.jpg









ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 18:34 | TrackBack(0) | Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

究極の機能美

※今日の記事は、私の友人であり、アーニーと非常に近い血の親戚犬であるVioletちゃんのオーナーさんであるRottmammyさんの こちらの記事と併せて読んでいただけると、より分り易いかと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

身の回りにあるモノを見回してみると、実に色々な形をしていますね。

パソコンはパソコンの形。
お茶碗はお茶碗の形。
トイレはトイレの形。

一般消費者を相手にした物の場合は、純粋な見た目の素敵さというのも問われるのだろうけど、
例えば飛行機とかレーシングカーとか、(他にもいっぱいあるだろうけど)、そういう物っていうのはきっと、究極の『機能美』を追求しての『形』なのかなって思います。
最高のパフォーマンスを出すために作り出される究極の『形』。

犬にもそういう側面があるのかもしれません。

特に、人間が何かしらの作業をさせるために作出してきた純血種達。
それぞれの作業をするのに一番適した『形』を追求してできあがっていった姿。

我が家の3匹を見ていると、アーニーの体というのは、まさに牧場で牛を追ったり、あるいは広い敷地でガーディングの仕事をしたりというのに適した体になっているなぁ〜、と関心してしまう。

素人の私達でも一番分り易いのが、コートの違い!
アーニーの毛は3匹の中でもダントツに水はけが良く、川に入ってびしょびしょに濡れてもすぐ乾く。
それに、草むらのひっつき虫も3匹の中では一番ひっつきづらい。

まぁコートっていうのはそれほど重要なポイントではないのかもしれないけれど、
とにかくアーニーの体は作業犬としてマルチなボディをしていると思います。

川原でのMovieを見ていただいて分るように、重量級でありながら、実に良く走るし機敏に動く。
パワーと俊敏性を同時に兼ね備えているような体。

最近テレビの車のCMで、犬(多分グレイハウンド?)と馬が走っている姿が交互に出てくるものが流れているけれど、それを見て昨晩うちの夫が
「おっ、今流れてた馬の体、アーニーの筋肉のつき方とそっくりだな。」
と言っていました。
太ももの部分の筋肉、肩のところの筋肉、そして伸びやかに走る姿。
まさにアーニーの体は競走馬のそれに良く似ています。

でも、ロットワイラーという犬種がそのような『ある種の作業』をするための『究極のスタイルのボディ』を持っているといっても、どのロットワイラーも皆が皆、そうであるとは限らないようです。

アーニーのブリーダーさんは、ロットという犬種を、良くレーシングカーのような犬と仰います。
これはとても、分り易い例えだと思います。

でも、外側だけレーシングカーそっくりに作られた『はりぼて』もあるようなのです。

いくら見た目が素晴らしいレーシングカーであっても、エンジンはボロボロ、足回りもボロボロ、であったら、それは素晴らしいレーシングカーであるとは言えないですね。
ロットの場合でいったら、見た目は正真正銘の『ロット』なんだけれど、関節の状態、筋肉の状態、内臓の状態という『中の状態』を透かして見たら、『これが本当にロットなんだろうか?』という状態のロットも沢山存在しているらしいのです。

レーシングカーでも競走馬でも犬でも、究極のスタイルの中に、実際に発揮できる『機能』を備えているからこそ、本物の『機能美』と言えるのでしょうね。

車と、それから馬や犬といった生き物との違いは、機械である車本体には『やる気、意欲』といったものは存在しないけれど、馬や犬は生き物ですから、いくら素晴らしいボディを持っていたとしても、それを充分に使い発揮するという本人(本馬?本犬?)の『気力、活力、生命力』というのも大きく関わってくるのだろうと思います。

そして、車にも競走馬にも犬にも共通するのは、そこに必ず『人間』という、いわば『操縦する者』が存在するという点でしょう。

ロットワイラーというマルチな作業犬が、最も美しい『機能美』を発揮する瞬間。

それは、『はりぼてでない、本物の中身を伴ったボディ』『本犬の気力、生命力』『乗り手である飼い主の適切な扱い』この3つが最高の状態で揃った時なのではないでしょうか。

私達夫婦も、アーニーという素晴らしい資質を備えたロットをブリーダーさんから譲っていただいた以上、アーニーの素晴らしさを出来る限り最大に発揮できるように育てていきたいと思っています。
ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 11:31 | TrackBack(0) | Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

アーニー我が家へ来て1周年記念!

○ちょうど1年前の10月10日、アーニーは飛行機に乗って、はるばる東京までやってきました。この写真は羽田空港の貨物(?)受け取りカウンターの上で。朝の6時半頃にブリーダーさんから『今からうちを出ます』のメールをいただき、このカウンターで受け取りをしたのが午後3時ぐらいでしたから、当然ウン○まみれだろうと思っていたら、意外にもバリケンの中は綺麗なままでした。奥のほうでチンマリしているアーニー。
VFSH0147.JPG


○うちへ着いて、まずアーニーがしたこと。それは私と夫への超高速お顔ペロペロ。あまりにも超高速すぎて、写真がすべてブレちゃってます(笑)。
パパペロペロ.jpg


○「えっとどうも、、、、はじめまして。ボクちょっと今、心細くてここから出れません。そのピンクの棒みたいなもの、そうやってカミカミするんですね。ちょっと興味あるなぁ〜〜。」
初日空と.jpg


○おねぇちゃんが「ほら、出てきてやってごらん。」って言ってくれたから、思い切って、そろ〜〜っと。
アニかみかみ.jpg


○1週間経って、すっかり我が家にも馴染みました。とにかく甘ったれ坊やで、家族全員にベタベタベタベタ。。。。特にこの時期、空ねぇはとても根気良く、優しく、アーニーの面倒を見ていました。
庭で空とくんくん.jpg


○空ちんの上に黒い塊。どっちが頭でどっちがお尻か分りにくいと思いますが、アーニーはこの時、ピンクの首輪をしていました。この写真では空ちんの口もとにアーニーの後ろ足、空ちんの後ろ足にアーニーの頭があります。
庭空の上にアニ.jpg


○空ねぇ、大好き♪CHU-CHU♪♪
VFSH0149.JPG


☆じょじょにアーニーが我が家の環境に慣れてきたら、意識的に先住2匹とアーニーが別々で過ごす時間を多くとるようにして、私達飼い主とアーニーとの絆作りに努めました。なので、生後5〜6ヶ月までは、アーニーだけ室内で撮っている写真が多いです。2005年10月〜2006年2月ぐらいまでに書いた日記を御参照ください。



・・・・時は流れ・・・・


・・・・アーニー、1歳になりました!・・・・


○室内で。口の端でひずめをくわえています。
コ内.jpg


○庭で。
庭.jpg


○生後6ヶ月ぐらいから、うちにいる時には空花にちょっかいをほとんどかけなくなったアーニーですが、『ねぇねぇ。』と甘えることは今だにします。空ちんはベタベタされることが本当はかなりウザったいのですが、『まぁ弟のすることだし、仕方がないわね。』という感じで受け入れています。
空べた.jpg


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


☆そしていよいよ1周年記念、本日のアーニー!


○木漏れ日の中で、朝の御食餌中のボク。全体の体つき、こんな感じです。
VFSH0045.JPG


○アーニーにちょっかいかけられることもなくなったので、空ちん、庭ではずっとこんな感じでノンビリくつろいでいます。
VFSH0042.JPG


○庭での空ちんの落ち着き場所にて。門の脇に置いてあるケージ。いつもドアは開けっ放しです。この写真は、空ちん顔を洗っているところです。
VFSH0046.JPG


○空ねぇがどいた後、ボクも入ってみた。でもこのケージ、底が上げ底の網になっているので、ボクが入ると壊れる!って言ってママパパには入っちゃイケナイって言われてるんだ。でもね、ダメって言われると、余計に入りたくなっちゃうんだよねぇ〜。
VFSH0047.JPG


○1周年記念、笑顔3連発!まずは立って。
VFSH0041.JPG


○座って。
VFSH0044.JPG


○最後に伏せて。
VFSH0043.JPG


○今日の空。雲ひとつない秋晴れです。思えば空ちんがうちへ来たのもこの時期、名前、どうしようかなぁ〜と見上げた空が、今日の空のようにとっても澄んで綺麗だったから『空』って名付けたんだった。アーニーも空ちんも、良い季節に来たんだねぇ〜。(ちなみに花子が実家へもらわれて来たのは、花々が美しく咲く春の季節。なので『花』と名付けられました。)
06-10-09_11-57.jpg



ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 12:46 | TrackBack(0) | Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月28日

ロットを飼いたい!という方へ。

ロットの良い子犬がいないかなぁ〜、と全国くまなく探し回っている方がもしいらっしゃいましたら、アーニーの出身犬舎、LindasRottweilersのサイトの中の、日記風味のところを是非チェックなさってみてください!

ステキな情報が書かれていますよ♪
ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 19:01 | TrackBack(0) | Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

アーニーまったり写真集。

先日の日記では、アーニーと空ちんが元気いっぱいに遊ぶ動画を載せましたので、今日は家でアーニーがマッタリしている様子を載せようと思います。



○庭の縁の下でお昼寝中のアーニー。
06-09-22_13-31.jpg


○同じく縁の下で。寝起きでボンヤリしているところ。
06-09-22_13-36.jpg


○花子とルームシェア。
06-08-31_12-12.jpg


○室内にて。お気に入りの場所その1で寝ているところ。メッシュケージの中で寝ているのは花子。
06-08-10_01-36.jpg


○やっぱり花子と。並んでマッタリ中。
06-08-10_00-46.jpg


○またまた花子と。お尻をくっつけてマッタリ。
06-09-16_02-09.jpg


○今度は空ちんと室内にて。空ちんに押さえ込まれるアーニー。
06-09-15_20-17.jpg

○さらに空ちんに押さえ込まれる。
06-09-15_20-15.jpg


○今度は空ちんと、並んで眠る。ちなみにこのメッシュケージ、アーニーのためにと買ったのだけれど、常に姉2匹に占拠されてる(笑)。
06-09-08_13-11.jpg


○私が食事の支度中、空ちんと私の足元で寝ているアーニー。はっきり言ってかなり邪魔だけど、すごく可愛い(親馬鹿)。
06-06-23_19-25.jpg



○そして今、これを書いている最中のアーニーの様子。お気に入りの場所その2、玄関のタイルの上で伸びきって寝ています。
06-09-22_15-35.jpg




ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 16:17 | TrackBack(0) | Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

Ernie the Movie.

毎週末に行っている川原での様子をビデオで撮りましたので、Movieを載せます。
BGMもなく、ただただ淡々と10分以上もひたすら犬が遊ぶだけのビデオですので、お時間の余裕がある時にご覧下さい。

なお、ロットワイラーという犬種は股関節形成不全等の足腰の障害の出易い犬種です。
アーニーは幼少の頃より、足腰については細心の注意を払った上で育て、ブリーダーさんにも現時点で『しっかりした体で何の問題もなし。』とお墨付きをいただいています。

普段あまり運動をしていないワンちゃん(特にロット等の大型犬)が、いきなりこのような運動をすると、足腰を痛める危険性があります。
運動の仕方、運動量、運動時間、足場のコンディション等、オーナーさんの責任の元、どうか無理のない運動をお願いいたします。

では、なが〜〜いMovieをどうぞ♪






ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 00:29 | TrackBack(0) | Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

1歳を前にした体重。

先日、7月18日に動物病院でアーニーの体重を測ってもらったところ、39kgでした。

ちなみに病院では、初めて肛門腺絞りと爪きりをお願いしました。(それまでは自宅でしていました。)

大人しく、いい子にしていられました♪
Good Boy!!

昨年末、我が家の住宅街の中に新しくできたばかりの病院です。
アーニーはその病院の、若くて綺麗な女医さん&看護婦さんが大好きなのです。
この先も病院が苦手にならないために、これから月一回ケア&健康診断&体重測定のために病院に行こうかなぁ〜、と思っているところです。
ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 15:19 | TrackBack(1) | Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

働く犬。

ロット仲間であり、大切な友人であり、我が家がロットを迎えるにあたり、アーニーの出身犬舎のブリーダーさんを紹介してくれたRちゃんが、ご自分のブログにこんな動画を掲載していた。

ロットの持っている能力をフルに生かして、とても生き生きと自信を持って動いている。
『命を輝かせて生きてる!』
って感じが、画面を通して伝わってくる。

私はロット、というかアーニーを迎えるにあたり、最後の最後まで『どうしてもロットが飼いたい』と思って迎えたわけじゃない。
夫がロットを飼いたいと言い出して、自分なりにロットのことをいっぱい調べたりしたけど、やっぱり自分が生活を共にしているわけじゃないから、ほんとのところどういう犬なのかが分らなかった。
どういう犬なのか分らない以上、どれほど『素晴らしい犬種だ!』と聞いても、実感として分らなかった。

そしてアーニーを迎えて、まず一番最初に感じたこと。
それは
『あぁ、この子は仕事をする犬なんだ。』
ってこと。

比較の対象が、空ちんと花子しかいないわけだし、ロットのことだって、アーニーのことしか分らないんだから、私の持った印象が『ロット全般』に当てはまるとは全然思わないけど。

ロットは『凄く頭のいい犬種だ』ということは良く聞く言葉。
でも『頭が良い』ということであれば、ロットと同じか、もっと頭の良い犬種は他にもいるんじゃないのかなって気がする。

私がアーニーを迎え、まだ生後2ヶ月だった彼を見て感じたこと。。。

食べる時でも遊ぶ時でも甘える時でも、今やっている事に対して、とにかく真っ直ぐひたむきに一生懸命な集中力、簡単にGiveUpしない粘り強さ、相当強く叱っても(もちろん体罰ではなく声のトーン、言葉の迫力で)スネないイジケないメゲない立ち直りが早い、精神的なタフネスさ。飼い主に対する思い(言い換えれば依存度)の高さ。あとは何度も書くけど、運動能力、身体能力の高さ(走るスピード、ジャンプの軽さ、走っていて方向転換する時の体のキレ、クイックネス、ボールをキャッチする動体視力、草むらに隠したボールを発見する嗅覚、etc。。。)。

これってみんな、働く犬に求められる気質なんじゃないか?

私はその頃、こういった気質を持っていることが、ごく普通の家庭犬として良いことなのか悪いことなのか分らなかったし、また自信もなかった。

だから、ブリーダーさんのところへアーニーの様子を報告をすることも、あまりしていなかった。

そして、RちゃんがVioletちゃんを迎え(アーニーとVioletちゃんは、同じ犬舎出身、しかもとても近い血縁関係です)、電話でRちゃんと話していて『ブリーダーさんが、アーニーどうしているか、気にしてるよ。』と聞いて、久しぶりにアーニーの最近の様子を知らせるメールをブリーダーさんにだした。

そして帰ってきたメールには、思いがけずブリーダーさんの、ロット繁殖にかける熱い思いがつづられていた。その中の一文にこんな言葉があった。

『僕は現在ブリーダーですが、純血種の正しい継承と働く犬達を絶やしてはならないという思いからです。』

あぁ、そうだったんだ。私はブリーダーさんがどういう犬を作ろうとしているかということで、彼を誤解していた。
彼はとにかく、大人しくてもの静かな、家庭犬として飼い易いロットを作ることを目指しているのだとばかり思っていた。
もちろん『家庭犬としてふさわしいロット』を作ることを、とてもに大切になさっているのだと思う。
でも、それだけじゃなかったんだ。



今現在のアーニーにとっては、遊びが仕事。

川原や公園、あるいは庭で、全力でボールを追うことは、彼にとっての遊びであり仕事なのだと思う。
人の腰ぐらいまである草むらの奥深く、夫が自分の唾をペッとして匂いをつけたボールを隠す。

アーニーに『ボール捜して。』と言うと、彼は全力疾走でその草むらまで走っていき、そして円を描きながら匂いを嗅ぎ、ポイントをせばめていく。
そして、粘りに粘ってボールを見つけ出した時の、彼の自信に満ちた、そして達成感に溢れる顔。
そのボールを咥え、得意げにこちらへ向かって一直線に走ってくる姿。

そんな姿の中に、私も夫も『自らの全身と全能力を発揮して何かを達成する、一つの生き物の命の輝き、躍動感、生きる喜び、そしてその美しさ』を感じる。

縁あってRちゃんにブリーダーさんを紹介され、これまた縁あって我が家へやって来たアーニー。

まだまだこの世に生まれて10ヶ月あまり。
荒削りな部分もたくさん。
修正していかなくてはならない部分もたくさん。

でも、ブリーダーさんの熱い思いの一つの結果であるアーニーという生命と、共に暮らせている今を、感謝の気持ちいっぱいで過ごしている。

Rちゃん、ブリーダーさん、その他アーニーをとりまくすべての皆さん、改めてほんとにありがとう!!
ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 15:58 | TrackBack(0) | Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月18日

夫のブログ。

今日、うちの夫が

「俺も、自分でワンコブログ書きたい。」

と言い出して、ブログを書き始めました。
3日坊主になりそうな気配が濃厚ですが、
とりあえず今日の分は一生懸命書いたようなので、
よろしかったら、のぞいてみてください。

私とは違った感覚で犬を捉えていて、面白いかもです♪

夫のブログはこちら。ポチッ
ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 21:05| Comment(0) | Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

新年、最初のブログ。

皆様、遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!
本年も、どうぞよろしくお願いいたします♪

さて我が家の年末年始は、普段とま〜〜ったく変わりなく、
まったりと過ごしておりました。

最近のアーニーは、ますますジャンボ化していて、
現在約22kgです。
空ちんが21kgですので、体重ではすでに空ちんを超えました。

アーニーの体重が15kgを超えたぐらいの時から、空ちんとの遊びの時に、アーニーが空ちんの体に手をかけたり、上に乗ったりすることを禁じてきましたが、最近更にその『禁止』を強化しているところです。
空ちんとの遊び時には、最初から私(か夫)がつきっきりで横で見ていましたが、今もそれは変わりありません。(特に室内で遊んでいる時。)
どうしても遊びが盛り上がってくると、手をかけたり、後ろ足で立って上に乗ろうとしたりとまだまだしてしまうのですが、これをやめさせることが、今の最大の課題です。

それと、他の犬が持っている物を、横取りしないこと。
これは一番してはいけないことだと私は考えているので、アーニーがこれをやっちゃった時には、すぐに取り上げて、仰向けにして厳重注意をしています。
それでもまだまだこれはやってしまう時があるので、これも大きな課題です。

花子との関係なのですが、最近になって急速にアーニーが理解をし始めています。
花子は、『ちょっかいを出される』ことを、とにかく嫌う犬です。
でも子犬のアーニーは、それを理解できずに、どうしてもちょっかいを出してしまうので、狭い室内での混乱を避けるため、アーニーが室内フリーでいる時には、花子は必ずクレートに入れるようにしていました。
でもこの年末年始、思い切って花子も含め、3匹を室内フリーにする時間をとるようにしてみました。
アーニーが、花子にちょっとでもちょっかいを出そうとしたり、匂いを嗅ごうとしたりしたら、(それをやってしまう前に)『NO!!』と言って、それはいけないことなんだと繰り返し言っていたら、ここ何日か、アーニーと花子を一緒にフリーの状態にしても、アーニーは花子に近づかないでいることができるようになってきました。
でも、やっぱりアーニーは花子が気になって、時々『チラッ』とか花子のほうを見たりしているのですが、この『チラ見』の次に近づいちゃう場合が多いので、チラチラ見出した時に、
「アーニー、花子はダメだよ。」
と声をかけるようにしています。
『花子には接触してはいけない。』ということをアーニーは理解し始めてくれているのは、すごく嬉しいことなので、これからもしっかり見ていこうと思っているところです。

空ちんは、アーニーが来たばかりの頃は、ムキになって上に立とうとして、アーニーの持っているオモチャをことごとく取り上げたり、遊ぶ姿勢も必ず空ちんは立ち上がり、しょっちゅう『ガウッ』と警告の態度を見せていましたが、この1ヶ月ぐらいは、空ちんにだいぶ余裕がでてきた様子です。

遊ぶ態勢も、空ちんはゴロンと横になっていたり、完全に仰向けになっていたりすることが多いです。
それでもやっぱり、アーニーの態度がエスカレートして一線を越えたことをすると、バッと起き上がって『ガウッ!!』と言って、教育的指導をしています。

空ちんというのは、いわゆる『アルファタイプ』ではなく、私から見ていると、もっともっと教育的指導をしてくれたら。。と思うのですが、どうしても根が優しい気質のために、ギリギリのところまで我慢してアーニーにさせてしまっているので、そこは私が空ちんに加勢して、遊びの最中にも空ちんに声をかけて励ましたり、私からアーニーに教育的指導を入れることが多いです。

そろそろアーニーには、しっかりとマナーが入り、かつリーダーとしての気質を備え、ある程度厳しい態度で指導を入れてくれる先輩のオス犬が必要だと感じています。

3匹を室内(あるいは公園で)遊ばせるのは、夜のほんの短い時間だけですので、昼間の間は、ずっと私とアーニーの1人と1匹でいるのですが、その時のアーニーは、相変わらずの『甘えん坊のやんちゃ坊主』です。
ただ日に日に大人になってきて悪戯も減ってきたので、『NO!』と大声を出す場面は、かなり少なくなってきました。
悪さをしそうになっていても、静かな声で
「それは、ダメでしょ〜〜。」とか
「あっあっあっ。」
とか言うだけで、やめるようになってきたので、こちらもかなり楽になってきました。

生活態度で最近ちょっと気になっているのは、年末年始の休みで、夫がずっと家にいたために、クレートから出して室内フリーにしていた時間が長くなっていたために、クレートに入れた時にちょっと声を出すようになってしまっていることです。
それまでは、3時間クレート、1時間フリー。。というリズムを守っている限り、クレートに入れても一切声を出していませんでしたので、これは良くないクセがついてしまったと思っています。
フリーの状態からクレートに入れると、5分間ぐらい、
『ワンッ。。。。。。ワンッ。。。。。』
と間隔をあけた吠え方で、声を出しています。
でも完全に無視していればそれもおさまり、一旦泣きやめば、その後は寝てしまって3時間程度は静かにしていられる状態です。
長時間のお留守番ができるように、ちょっとずつその時間を延ばせればいいな。。。と思っているでのですが、今はまだちょっとオシッコのことが心配で、3時間ぐらいで出しているのが現状です。
でももう5ヶ月ですので、本当はきっともっと長く入れていても、オシッコは我慢できるとは思うのですが、私が甘いのかな。。。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

↓年末に撮った写真です。

○パパが『SIT-STAY』とかけているところ。
ア「ジッとだよね、ジッと。ボクがんばるよ。だけどねぇパパ、まだ〜〜?」
05年末1DSCF0031.jpg

○デヘッ。ねぇ、また写真撮ってるの??
05年末2DSCF0008.jpg

○横顔ショットも一枚。
05年末3DSCF0015.jpg
ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 10:53| Comment(0) | Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

大きさ比べ。

うちに来た日(10月10日)、体重、3.8kg。
現在(12月25日)、体重、19.5kg。
かなり大きくなったので、ここらで大きさ比べを。。。


○初日のアーニー。ちっちゃくって、かわゆ〜〜〜♪
扇風機2DSCF0052.jpg


○4ヵ月半のアーニー。おっきいけど、かわゆ〜〜〜♪♪
扇風機1DSCF0006.jpg

ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 15:07| Comment(0) | Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

3ヶ月と1週、今日のアーニー。

E3m1w-1.jpg

E3m1w-2.jpg
ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 13:04| Comment(0) | Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

お外に慣れよう!!

8月12日生まれのアーニーは、生後3ヶ月と1週になりました。
そろそろ赤ちゃんから子供期へと移行してきていると感じます。
毎日急速に変化しているので、色んなことを見逃すまいと、
ブログを書いたりするのも少しお休みして、アーニーを
じっくり観察したり、今どんな風に接したらいいのかを、
考えたりしていました。

アーニーは、生後40日で私達がブリーダーさん宅へ見に行った時から、
他の兄弟犬に比べて、音とか気配というものに、すごく敏感だな。。と
(私たちは)感じていました。
そして、生後2ヶ月で我が家へやってきてからも、そのように感じてきました。
最初の数日、あまりにも家の外の音(例えば道で誰かが話している声など)に反応して、いちいち吠えるので、心配になってブリーダーさんへメールで相談しました。
お返事には、『アーニーが色んなものに慣れていくにしたがい、それはだんだんになくなっていくものですので、全く心配はいりません。』と書かれていました。
そのお返事通り、家の中にいる限り、外でどんな音がしても、だんだんに気にしなくなっていきました。
(まだたまに、吠えていますが。。。)

でもお外解禁になって、ちょっと家の外に出てみると、すれ違う人や犬、廃品回収の車等、すべてに警戒して吠えるのです。

これは、アーニーの持って生まれた性格的な面もあるだろうから、あまり焦らずに慣らしていこうと思いました。
でも正直、このままで大丈夫なんだろうか。。という不安もありました。

そして、そんな不安が一気に解消する日が来たんです。

うちから車で30分程のところに、小型犬から大型犬まで、すごく色んな種類の犬がお散歩に来る、とてもいい公園があるよ〜、というのを聞いて、思い切ってアーニーを連れて行ってみたのです。
それが先週の日曜日でした。
最初は私達もアーニーもちょっと緊張して。。。

でも、その公園の奥のほうまで行ってみると、聞いていたとおり、
たーーっくさんの犬が集まっていました。
小型犬、中型犬、大型犬、超大型犬。。。
ほんとに、いろ〜〜んな種類のワンコ達。
そろ〜〜っとその輪のほうへ近寄ってみると、
『あら〜、まだ赤ちゃんかしら???』
と飼い主さん達が、すごくフレンドリーに話かけてきてくれます。
アーニーも、それまでの態度と全然違って、全く吠えません。
無事にワンコさん達とも鼻挨拶を済ませながら、一人ずつ一匹ずつ、
ゆっくり全部の飼い主さんの中を回っていきました。
すると、何人かの飼い主さんに
「もしかして、ロットの子犬??」
と聞かれて、
「そうです。」
と答えると、
「うわぁ、可愛いなぁ〜、うちもロット飼いたいんだけど、カミさんがダメって言うんだよねぇ。」
と、なぜか30代ぐらいの男性の方達の、注目の的となってしまいました。
すると、その周りにワラワラと人がいっぱい集まってきて、30代男性の数人の皆さんと、その奥様達、お子様達、お仲間達に、あっという間に囲まれ
「かわい〜かわい〜、足、おっき〜〜!!」
といっぱい可愛がってもらい、小学生のお子様達にもグリグリされ、アーニーもすっかり家での甘えん坊モードになって、皆さんのお顔ベロベロ、お膝にピトーッとへばりつきの状態になりました。
そして、その皆さんが連れていた、ドーベルマン、ニューファン、ミニチュアダックス、ゴールデン、などなどなど。。。色んなワンコさん達にもご挨拶して、無事仲間に入れてもらうことができたのでした。

その日を境に、アーニーは外界に対する緊張、警戒心が大分薄らいだようです。
ブリーダーさんから、アスファルトの道でも30分以内であれば、普通に歩かせるのであれば問題ない、とのお墨付きをいただいたので、
今週は、大人の足で5分ぐらいの距離にあるスーパーの前に、人や犬が一番集まる夕方の時間帯に私が連れて行ったり、夜、夫が帰ってきてから車で最寄駅まで連れて行き、通勤帰りの人達の雑踏の横に立っていたりしています。

そして今日からは、効果音ベストCDというのも聞かせています。

花子が極度の音響シャイで、雷や花火、爆竹の音でパニックになってしまう犬なので、そんなふうにならないように、BGMとして寝ている横でずっとかけています。
CDをかけはじめてすぐは、『なになに??』という感じで吠えましたが、すぐに慣れて、今は音がしている横でグッスリ眠っています。

警戒心も強く、音や気配にも敏感な性質のアーニーですが、私達にできるだけのことをしてあげて、少しでも怖いと感じるものがないように、大きくなってもらえたら。。。と思っています。

◎↓今日のアーニー。
毎朝恒例の、朝日の中でのおネンネ。
手足がぶっとくなってきて、顔も幅がでてきて、ちょっとオッサン風味が出始めています(笑)。昨日の夜計ったら、体重は11.8kgでした。

3m1w-1.bmp

3m1w-3.bmp

3m1w-2.bmp
ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 12:49| Comment(0) | Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

ちょっと、休憩。

アーニーが来て、そろそろ一ヶ月が経とうとしている。

最初はどうなることかと思うぐらいに、大騒ぎで大暴れの、ちっちゃい猛獣だったアーニーだが、大分落ち着いてきて、こちらの気持ちや言葉も、最初に比べたら随分理解できるようになってきた。

ホッ。。。。とすると同時に、私の疲れがでてきた。

今日は洗濯を頑張って、空ちん達の散歩に行く以外は、ゆっくり休もうかと思う。

アーニー、今日1日は、イタズラは控えめにお願いねぇぇぇ。
ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 09:32| Comment(0) | Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

兄弟再会!!

アーニーは8匹兄弟です。
その中の一匹、しかも一番の仲良しだった兄弟が、幸運なことに我が家から車で15分程の同市内に迎えられています。

そして、昨日はその兄弟Buddy君と、ブリーダーさん宅を離れてから初の兄弟再会の日でした!!!

大きな公園の駐車場で待ち合わせ。
うちのほうが15分程遅刻してしまい、駐車場に入っていくと、向こうのほうに小さな黒い動くものが!!!

あ、あれだあれだ!!!

そして車を止めて空ちんとアーニーを車から降ろす。

ちょっと離れたところに見えるバディ君一家に、最初は分からずに
「ワンワンッッ!!」
と吠えてしまうアーニー。

ゆっくりゆっくり近づいて、飼い主どうしでご挨拶。
そして、ワンコどうしも、ゆっくりご挨拶。

クンクンクン。。。。
なんだか、ちょっとずつ思い出してきてるかな???
という感じ。

では、人のいない、土のところへ行きましょう。。。
ということになって、駐車場のすぐ脇の原っぱみたいなところへ移動。

その場所へ着く頃には、もうすっかり思い出したようで、
「おい、お前、青君じゃないか。3週間ぶりだなぁ!元気にしてたか??懐かしいなぁ〜〜〜。2ヶ月間、毎日毎日、団子状態で一緒にいたよなぁ。」
等と、言ったかどうかは分からないけれど、すぐに絡まり合って、遊びだした。

空ちんは、まだアーニー達に比べて力があり過ぎるので、挨拶が済んだら、ちょっと離れた場所でパパと遊ぶ。

さてさて、それでは、兄弟再会の様子を写真でご覧ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


空ちんも交えて三つ巴。
クンクン、クンクン、あれ、なんか懐かしい匂いだぞ!!
(上のベージュの首輪=バディ君。下のピンクの首輪=アーニー。)
WB1DSCF0007.JPG


ウリャ〜〜〜〜ッッ!!!
再会をしみじみ味わう間もなく、激しいジャレ合いスタート!!!
「フンギャフンギャフンギャ〜〜〜〜ッッッ。」
ものすごい声を発しあい、ものすごい形相でバトルってます。
『子犬の遊びは、いつでも本気です。』
という言葉をブリーダーさんから言われた言葉を思いだし、少しの間そのまま遊ばせていたけど、あまりにも激しくなってきたら離して。。。でも、どちらからともなく近づいて、またバトル。。。を延々と繰り返す。
WB2DSCF0008.JPG

アーニーはバディ君のパパさんのお膝に乗っかって、お顔にチュッチュして甘えていました。すごく優しくしていただいて、嬉しかったね♪♪WB3DSCF0020.JPG

3匹で穴掘りスタート!
さぁ、どっちが深く掘れるか、競争だ!!
空ちんは、こっそりバディ君のお尻をクンクン。
WB4DSCF0033.JPG

バディ君は、この公園に来る前にも、少しお出かけしてきたとのことで、ちょっとお疲れ気味。
ベッターンと全身伸び切った寝方。
アーニーとそっくりです。
この寝方って、ロット特有なのかな???
Buddy2DSCF0028.JPG

バディ君の可愛いお顔。
生後40日に見に行った時には、2匹はそっくりで見分けがつかなかったけど、だんだんに個性がでてきました。
バディ君のほうが、茶色の色がちょっと濃いのです。
バディ君はブラック&マホガニー。
アーニーはブラック&タンなのです。
Buddy3DSCF0029.JPG

バディ君のほうが、凛々しく男っぽい雰囲気がする気がします。アーニーのほうが、ちょっと幼い感じかな。。。
Buddy5DSCF0031.JPG

















ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 14:10| Comment(0) | Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

可愛いアーニー。

アーニーがうちへ来て、もうすぐ3週間。

最初の2週間は、ほんとうに嵐のようで、アーニーを心から『可愛い』と思う余裕すらありませんでした。

あまりのハイパーっぷり、落ち着きのなさ、元気の良さ、聞き分けのなさに、すごく毎日疲れていました。(2ヶ月の子犬で、しかも新しい環境に来たばかりなのですから、当然のことなのですが。)

そして数日前、アーニーのご飯の量のことで、夫と意見の衝突。
もっと食べさせないと。。。と言う私と、少なく少なく、という夫。
アーニーの今後一生の健康を考え、どうしても譲ることはできないと、(珍しく)絶対に折れなかった私。
その話し合い(というかケンカ?)は、真夜中に繰り広げられていたのですが、夫も疲れていたのか、そのままソファで眠ってしまいました。
私はどうしても腹の虫がおさまらず、気分を変えるために家を出て、近くの24時間スーパーまで行きました。
そして、夜中の道を一人で歩きながら、心の中でずっと言っていることがあったのです。

「アーニーのことは、私が守るからね。だいじょうぶよ。何があっても、絶対に守るからね。。。」

その時私は、自分の中に、アーニーに対する母性本能のようなものが芽生えていることに気づきました。
最初のうちは、どこかで(夫が欲しいと言って飼い始めた犬。)という意識があったのに。。。

翌朝起きると、夫は

「今日から、アーニーにいっぱいご飯をあげることにしたよ。」

と、昨日までの意地っ張りがウソのように言いました。

この『ご飯の量の食い違い事件』によって、私のアーニーへの気持ちが、自分自身でよく分かったので、それからは素直にアーニーに愛情を注ぐことができるようになりました。



可愛いアーニー。

これからずっと、一緒だよ♪
ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 17:01| Comment(0) | Ernie the Rottweiler | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする