2006年04月08日

アーニーもうすぐ生後8ヶ月、写真いっぱい。

アーニーは4月12日で生後8ヶ月になります。
こんなに大きくなりました。。ってことで、写真を沢山UPします。
現在の体重は、約33kgです。


○まずはお得意のニパッ♪と笑顔。
06-04-08_14-40.jpg


○横顔。
06-04-08_14-41.jpg


○真剣な表情。
06-04-08_14-43.jpg


○花子とツーショット。アーニー、顔おっきいなぁ。
06-04-08_14-45.jpg


○空ちんは、いつでもマッタリ、癒し系。
06-04-08_14-46.jpg


○横からの全身ショット。首がすごく太くなって、胸元もガッシリしています。バディ君のパパさんママさんに『アーニー君、筋肉隆々ねぇ。』と言われるのですが、それほど運動させてるってわけでもないのです。。。庭で遊んでいる時に、筋肉が自然についてるのかなぁ。。。不思議。
NO2 06-04-08_14-50.jpg


ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 17:09 | TrackBack(2) | 3匹一緒に。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

ゲーム、好き好き!

アーニーはゲームが大好き。
(もちろんテレビゲームじゃないです(笑)。アーニーがテレビの前で座り込んでゲームしてたら、それはそれで面白いけど(爆)。)

トレーニングでも遊びでも、ゲーム的要素のあるものが大好きなんです。

庭でフリーにしている時、アーニーはいつもテニスボールで遊んでいるのですが、私が相手にしないでいると一人遊びをしています。
口でくわえたボールを、ポンッと自分で投げて、またそれをバッと取って。。。っていう遊びを自分でしているのですが、けっこう前からあることに気づきました。
わざと取りずらい場所に、ポンッってするんです。
ツツジの植え込みの中とか、軒下とか、最近では車の下とか。。。
自分で掘った小さな穴の中に落として、わざとボールが取れないふりをして(まるで自作自演)、『取れない取れない〜。』と穴をどんどん大きくしていく。。。というのは、飽きもせず、しょっちゅうやってその度に泥まみれになってるし。。。
取りずらい場所にポンッてして、苦労してGETする。。。ということに喜びを感じ出したアーニーは、ついにガレージの柵の隙間から、ボールを敷地の外の道路に転がす。。。ということまでやりだしました。
うちの前は坂道になっていて、アーニーがそこからボールを外へ出すと、ボールはコロコロと坂道を転がっていってしまうのです。
それを見てアーニー、
『あぁ〜、ボール行っちゃったよぉ〜。ボク取りに行かなきゃあ(明らかな自作自演(笑))!!』
とばかりに、ずっと柵の隙間から外を覗いているので、最初の1〜2回は(しょうがないなぁ〜)と思いつつも、私が取りに行ってあげていましたが、もしかしたら、そうやって私を動かすことに喜びを感じているのかもしれないと思って、取りに行かないことにしました。
アーニーがガレージの隙間からボールを外に出しちゃったら、
『あ〜あ、ボールなくなっちゃったね。しょうがないね。』
と言って取りに行かずにいました(後でアーニーの見ていない時に、こっそり探しに行きます。)。
数回それを繰り返したら、ここ何日かは、もう敷地外へボールを出すことはしなくなっています。
これはレッドカードだってこと、分ったのかな?

こんなアーニーの様子を見て、私も一緒にボールで遊ぶ時、ただ単に投げたボールを持ってこさせる。。というのから、ちょっと変化をつけています。
ボールを背中に隠して、右、左、どっちからどういうタイミングでボールが出てくるか分らないようにフェイントをかけてボールを投げ(というか狭い庭なので転がし)、アーニーがボールをGETしてこちらを振り返ったらCOMEで呼ぶ。私は自分の前で両手をお椀のようにして待っていて、バスケのシュートのように、そこにボールをGIVEのコマンドで入れさせる。手の中に入れ損ねたら、地面に転がったボールをもう1回TakeItで取らせて再チャレンジ。
この遊び、アーニーかなり白熱して何度でもやります。

敷地を一歩出て散歩の時は、歩く時も公園の中でも緊張感を崩さずに、散歩全体がトレーニングって感じにしているので、庭でフリーの時にはなるべくのんびりゆったり脱力した感じで一緒に遊んでいるのですが、そんなリラックスモードの時でも、やっぱりコマンドには従えるように。。。と思って、最近は上に書いたボール遊びの中で、SIT-DAWN-SITってさせてみたり、アーニーがボールの一人遊びに夢中になっている最中に、ちょっと離れた場所でCOMEで呼んでみたりといったこともしています。
敷地外での散歩(トレーニング)では、けっこう厳しく接していますので、敷地の中でする時には、できるだけ穏やかに楽しく、あくまでもゲーム感覚でできるようにしています。(もちろん、コマンドは出した以上は必ず従わせるようにはしていますが。)

ちなみにですが、庭でこんなに盛り上がって楽しく遊ぶのって、3匹の中でアーニーだけです。
空ちんにもボール投げをしてあげようと思って、投げてみたのですが2〜3回で『もういい。』と言って、ボールに関心を示さなくなったので、やめました。
私が一緒に遊ぼうとしてもその調子ですから、一人遊びなんてまるっきりです。
姉2匹は、朝から夕方まで、ひたすら庭でゴロォ〜〜ンとしてくつろいでいます。

毎日アーニーだけが、我が家の狭い庭を、隅から隅まで十二分に堪能して遊んでいます。

追記:それともう一つ、アーニーは『ボールを探す』という遊びもします。これは、合宿から戻って2週間後ぐらいの週末、多摩川の川原に空&アーニーを連れて行った時、急に目覚めてできるようになった遊びです。いつも行く多摩川の中洲のところは、人間の腰の高さぐらいの草が一面に生えていて、夫がボールを遠くに思いっきり飛ばすと、ワンコは走って行って、更にボールを鼻と目を使って探さなくてはならないんです。自宅の庭では超低テンションの空ちんですが、フィールドに出ると一変、すごい意欲満々でこの『ボール探索遊び』をします。
それを見ていたアーニー、『ボクもボクも〜』という顔をするので、まぁ無理だろうと思いつつも、夫が草むらの中にボールを投げ、『Go Get the Ball!』と言うと、勢いよく草むらめがけて走って行きました。
全く期待せずにしばらく待っていたのですが、アーニー、草むらからこちらへ向かって走ってきました。するとなんと帰ってくるアーニーの口の中にはボールが!!!私も夫もビックリして、『アーニー、すごいすごい〜!!!』と大騒ぎでした。私達が心底『すごい!』って思ったのがアーニーに伝わったようで、その時のアーニーは自信に満ちて、得意満面でした。
それ以来、アーニーは『ボール』という言葉を覚えたようで、庭でボールをくわえたまま走り回り、(敷地内の)どこかへボールを落としてきてしまった時、私が『アーニー、ボールは?』と言うと、地面をクンクンクンクンしながらボールを捜します。自分で見つけられる時もあれば、私が一緒に探して先に見つけて『あ、あそこにボールあるよ!』と教えてあげることもあります。いずれにせよ、見つけたボールはアーニーに取らせて、持ってこさせGIVEで私が受け取り、『ボールあったね。よかったねぇ〜!!』と褒めて、またすぐにアーニーに渡すようにしています。
ワンコ達が自分でボールを探してくれると、ボールをなくすことが減ってすごく有難いんです(笑)。
空ちんはさらに、お散歩中、誰かが落としたボールを草むらや茂みの中から発見するのが大得意!
お陰でうちは、いつもボールには不自由しません(笑)。
ニックネーム ロットワイラーオーナー☆キョーコ at 14:50 | TrackBack(0) | アーニートレーニング。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする